へザー・マリア・ナオミ

へザー・マリア・ナオミ

Thursday, 18 August 2016

それぞれの命日

やっとお盆休みも終わり、
それぞれ少し落ち着いたところで、
母の七月の命日のそれぞれの過ごし方をお伝えしようかと、
 
ヘザーは少女時代に夏を過ごした思い出の地軽井沢へ、
私たちが夏休みの間の約二か月半を家族で過ごした家への小道、
今も、30年前も、変わらない風景。
懐かしの我が家は今はカフェに変貌しましたが、
外観も内装もほとんど変わらず大切に使われています。
この家の二回の眺めの一番いい部屋の窓辺で、母はたくさんの小説やエッセイを書きました。
彼女のペンが原稿用紙にスラスラと流れる音が今でも聞こえてきそう。
ここで、7月6日の命日を過ごせたことに、何か特別なメッセージがあったように感じました。
 
ヘザー



私、マリアは命日に息子と二人でハワイにいました。
その日にFBに、私の母との思い出を少しだけ友達にシェアしました。
今日、母の命日でのワイキキのサンセット。
26年前に二人で初めてハワイへ来た時のことを思い出した。
ホテルのバーで買ったジントニック片手に、夕陽を見にビーチへ降りたら、
ホテルのスタッフに、no alcohol on the beach please と言われ二人で まーじーでー、
ってびっくりしたの、思い出した。
今日の夕陽は、あの時の色と同じだ。
忘れない。
ハワイの生暖かい南国の風、
ビルのそびえ立つ都会の足元に美しいラムネ色の海、
パームツリー、白い砂、どこからか聞こえるウクレレの音色、
なんともミスマッチな都会と自然の共存に感動し、不思議でノスタルジックで、
ロマンチックで、
ドキドキときめいたあの時の気持ち、...
一緒に来たのが母ではなく、恋人だったらどんなに幸せだったことか、
と夕陽を眺めながら思った。
たぶん、隣に座る母も、そう密かに思ったに違いない;)
でも今は、
大切な大切な思い出。
あの時、となりにいたのが母で よかったと思える。
You are with me always, wherever I go.
 
マリア
 
イタリアに住むナオミは、得意でない日本語でこう綴った。
 
この道 Firenze で探し回ったけど見つからなかった。。。
今だによ〜く見て何かのヒントを探して見たけど沢山のFirenze の道にそっくりなの。
Firenze か Roma だが、わたしは Firenzeだって思い信じてる。
そしていつか絶対に同じ所で同じ様な写真をとりたい。
ママは旅が大好きだった、とくにイタリアが大好きだったため、よくイタリアに来た。
私はいつまでもずっとのんびりと日本に残るつもりだったがママは私に世界を見て、早く家出て、世界の探検しなさい!。。。と。
「ママ、daddy は卒業したらイギリスに行きなさいって言ってるけどママはどこに行った方がいいと思う?」って聞いて見た時、考えずに 「フィレンツェでしょうね」って目をキラキラさせながら、遠くを眺めて、もうママはイタリアンモードに入っていた。
その時は「え〜‼︎ やだ〜!イタリアなんて〜!」って私が思った17歳のガキ。
そして、卒業して、イギリスに行って、1994 年に、ママが願った様に、
私は根性出してイタリアへ向かった。
そして難しい時や悲しい時、イタリア人に対してムカツク時、...
ママが見えたイタリアの美しい所を探して見て、なぜ Firenze を選んだのか思い出す。
ここに来てもう23年が立つ、確かに私が選んではいなかった。
ママが選んでくれた。
知ってたのだろうか、私の運命を。。。
いつも見守ってくれてる
ママ、イタリアが好きだったママへ ,
 I miss you everyday but I know you are here with me in one of your favorite cities.
July 6th 2016.
 
ナオミ
 
それぞれの母との思い出、母と過ごした場所、
三人とも同じ時間に別々の国で、別々の風景を見ながら彼女との時間を思い起こす。
きっと、それぞれのその瞬間、それぞれのいた場所、過ごし方、
それぞれの今は、
母の夢であり、理想であり、
母の願いが形になったのだと、
信じています。

No comments:

Post a Comment

Note: only a member of this blog may post a comment.