へザー・マリア・ナオミ

へザー・マリア・ナオミ

Sunday, 29 November 2015

イタリアからのお土産

ナオミ一家のあっという間の日本での2週間が終わってしまい、
我が家も静かになってしまい、寂しいながらも平和な日々に戻りました。
2人と犬が一匹の暮らしから、急に6人と一匹の生活になると
それはいろいろとひっくり返るような大変なことになりますよね。

でもとても楽しい時間をたくさん一緒に過ごせて
良い思い出もいっぱいできました。

いっぱいになったのは思い出だけではなく
冷蔵庫やパントリーの中。
スーツケースにたくさんの食料を運んでナオミ一家は日本へやってきました。

イタリアではちょうどオリーブの収穫が始まった頃だったので
いちばんのお土産はしぼりたてのオリーブオイル。
酸味で舌がひりひりするぐらいフレッシュ。
そしてなんとも言えないオリーブのフルーティーな味。
日本ではなかなかこれほど新鮮な搾りたてのオイルは味わえないので
本当に幸せです。


パルメザンチーズや、日本ではなかなか買う気にならないポルチーニ、
そして我が家で愛用しているイタリアのブイヨン。
こんな普通のスーパーで売っているような物が嬉しいんですよね。


大量のオリーブオイルだけでも重たいのに、
大きな瓶に入ったバジルペスとトリュフソースまで持ってきてくれました。

バジルペストは我が家ではパスタはもちろん、
ポークソテーのソースや、ジャガイモと和えたり、
フランスパンに塗ってオーブンで焼いてガーリックトースト風にしたり、
結構よく使うのでこれも嬉しいお土産。


長く保存するためのイタリア人の知恵を教えてもらいました。

ソースを使った後に、指一本分ほどのオリーブオイルを瓶に、
ソースをかぶせるように入れて
ソースが空気と直接接触しないようにすると良いと初めて知りました。
バジルペストもトリュフソースもそう。
どちらも元々オリーブオイルが入っているので味にも影響ありません。
なるほど。良いことを覚えました。


お肉と相性が抜群と言われているトリュフソースは
早速ハンバーグと一緒に。



お肉が焼きあがる直前に、ソースをハンバーグにのせ、

蓋をしてソースを温める程度に少しだけ蒸し焼きを。


大人のハンバーグですね。
とても美味しかったです。

お土産でいっぱいのスーツケースは空になり、
反対に今度は日本の食材がいっぱいに詰められ、イタリアに戻りました。
インスタントラーメン、お菓子、ふりかけ、梅干し、のり、などなど。
日本の「⚪︎⚪︎⚪︎ピーマヨネーズ」まで大量に買って帰った不思議な一家。
子供達の大好物だそうです。

しばらくはこれで私やマリアも
イタリアに日本の食材を送らなくても大丈夫でしょう。
いろいろな意味で3姉妹、大満足です。

by Heather





No comments:

Post a Comment

Note: only a member of this blog may post a comment.